Blog スタッフブログ

2021.1.25救急隊に引き継ぐまでの『応急処置』とは?
現在、年間2万5千人、1日だと約68人が 心肺停止により、倒れるところを 目撃されてると言われています  本日はそんな時に知っておいたら得する  『応急処置』についてお伝えします ●応急処置がなぜ必要か● みなさんは人がもし倒れた時に どう対応しますか? 誰もが救急車を呼べば助かると考えるでしょう しかし、救急車が現場に到着するまでに 約8分かかるといわれています そこで、3分で5割の人が亡くなり 5分で9割の人が亡くなるといわれております 緊急事に『応急処置』をすることで 助けられる確率を上がることから 必要だと考えられます ●応急処置の手順● 1.周囲の安全確認 ・周りに危険なものは置いてないか、車が通ったり、危険な場所ではないかの判断をする 2.自身の感性予防 ・自分自身が相手を触れるような格好なのかまたは、状態なのかを徹底する 3.意識の確認・変形・出血の確認 ・意識があるかどうかを確認しますまた、骨が変形してないか、出血はないかを確認します 4.協力要請 ・周りに医療従事者や協力者がいるか声をかける 5.119へ通報・AEDの準備 すぐに救急車を呼び、AEDのある場所を把握し準備 6.呼吸の確認 息をしているかどうかの確認 7.胸骨圧迫 ・硬い所で仰向けで、倒れている人の片側に膝をつき、両手を組み、胸の真ん中を手の付け根で押す 8.気道確保 9.AEDを使用 【胸骨圧迫のポイント】 ○強く早く続けて押す ○胸の厚さが5〜6cm沈む ○一分間に100〜200回のテンポで ○明日後は力を抜いて戻す気道確保 1秒でも早く救う為にはあなたの力が必要です! 是非、このような場面に遭遇したら take Actionしてみてください!    
2021.1.20アクアコンディショニング〜方法〜
本日ブログ担当の大野です。 疲労回復を目的として行われるアクアコンディショニングの方法をご紹介します。 アクアエクササイズ(有酸素運動) 疲労回復を目的とした運動は比較的低強度な運動を行うことが多く、陸上運動と同様にウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を行うことが基本です。 陸上だと荷重と着地衝撃によって筋や関節に負荷がかかりますが、水中だと浮力の影響でそれらの負荷が軽減された形で全身運動が可能になります。 非荷重での有酸素運動として水泳も有効です。しかし、腰痛を有する場合にはバタフライや平泳ぎ、膝関節障害では平泳ぎは避けたほうが良いです。 水中運動のスピードや抵抗を受ける面積を調整することで各個人に適した抵抗運動を行うことが可能になります。 アクアストレッチング 陸上で行うストレッチングの効果に水中での利点を加えてより筋の柔軟性改善効果を期待して行うストレッチです。 浮力を利用して抗重力筋(背中の筋肉、腹筋、お尻の筋肉、大腿四頭筋、ふくらはぎの筋肉)を弛緩させることができ、陸上では行いづらい姿勢のストレッチングも水中では容易に行うことができます。 疲労回復や怪我などで関節への負荷を軽減したい際には、アクアコンディショニングを実践してみてください。  
2021.1.17knee bent walking とは?
こんにちは! 本日ブログ担当の青木です。 「knee bent walking」ニーベントウォークと聞いて何を思い浮かべますか? 正解はいわゆる膝曲げ歩行のことをいいます。 knee bent walkingはリハビリから一般まで幅広く使われる種目になります。 ●利点・効果 通常の歩行に比べ関節への負担、衝撃が少ないため下肢のリハビリに使われます。 下肢筋活動が高い。 股関節周囲の安定性強化。 ●動作 1.足を腰幅に開きお尻を後ろに引くようにして股関節・膝を曲げる。(パワーポジション) この時軽く胸を張り腰が反ったり背中が丸まらないよう気をつける。 2.パワーポジションを取ったまま膝とつま先の向きをまっすぐ前に向けて一歩ずつ歩く。 [video width="640" height="360" mp4="http://www.clover-inc.info/wp-content/uploads/2021/01/IMG_0441.mp4"][/video] ●ポイント ・背筋を伸ばし胸を張る ・骨盤が左右上下に動きすぎない ・踵から地面につく ・膝を正面に向ける 足関節・膝関節周りの怪我をしている方、足腰が弱い方、是非チャレンジしてみてください!
2021.1.13足のアーチと形
本日ブログ担当の大野です。 皆さんの足はどういう形をしていますか? 今回は、重要な役割を担っている足のアーチと、足の形についてご紹介します。 アーチ 足にはアーチがあり、これによって体重を支えています。 3つのアーチが存在し、踵骨(かかと)から第1中足骨(親指側)へいたるアーチを内側縦アーチ、踵骨(かかと)から第5中足骨頭(小指側)へいたるアーチを外側縦アーチ、第1中足骨頭と第5中足骨頭にいたるアーチを横アーチと呼びます。 足の形 1.アーチの異常 足のアーチが低下した状態を扁平足、アーチが高くなった状況を凹足といいます。 2.中・前足部の変形 足を上から観察して、足の前方が外側を向いているものを外転足、内側を向いているものを内転足といいます。 3.外反母趾 母趾が人差し指側に曲がって変形した状態で、中高年で女性に多い足の形です。 4.足趾の変形 第二関節が屈曲、第一関節が伸展しているものを槌指変形(hammer toe)、第二関節のみが屈曲しているものをマレット趾変形(mallet toe)といいます。 また、母趾が他趾より長いものをエジプト型、第2趾が母趾より長いものをギリシャ型、足趾の長さがほぼ同じものを正方形型といいます。   足の形は人それぞれ違います。 足の変形が痛みや怪我につながることもあります! 自分の足はどういう形をしているのか、ぜひ一度観察してみてください🦶
2021.1.10足を怪我した際に出来る有酸素運動
本日ブログ担当の青木です。 今回は脚を怪我をしても怪我をした場所(患部)に負担なく持久力を落とさないための有酸素運動についてご紹介します! ●ウォーキング・ランニング 患部に体重をかけてもよい許可が医者から出たらまずはウォーキングからおこなっていきましょう! 体重をかけていけない場合は水中運動、バイクで代用することもできます。 ●エアロバイク エアロバイクは関節に体重の負担を抑えながら心肺機能を向上することが出来ます。 とくに足関節捻挫などで足関節の固定が必要な場合に踵で漕ぐこともできるので効果的です! また、捻挫などにより日常で股関節周りの筋力や柔軟性が落ちやすくなるため椅子を高く設定することで股関節周りの筋肉を大きく動かせことができます。 ●アッパーサイクル 普段聞き慣れないものですがこちらは上半身を使って漕ぐ自転車です。 脚の怪我をした急性期や体重をかける運動が禁止されている時期でも全身持久力の維持・向上、上半身の筋力向上につながります! ですが通常のエアロバイクより心臓への負担が高いため注意しながら行いましょう。 怪我をすると出来ることが制限され今後の体力の低下を心配するアスリートが多くいらっしゃいます。 患部を治すことも大事ですがそれと並行して復帰した際に戻れる体力づくりも必要です。 怪我をしても体力はつけることができます! 是非参考にしてみてください😊
2021.1.09姿勢・身体のアライメント
本日のブログ担当の櫻井です 今回は姿勢・身体のアライメントについてのテーマになります。 まず、アライメントとは何か? 自動車でよく言われる単語ですが、それは身体のことでも言われます。 意味としては『並べる、整列、比較』などの意味があります。 身体の部分で言いますと『整列』の方が使われます。 身体の整列を見るので、『骨の位置関係』をみていきます。 まず、横側の部分を見ていきましょう! 以下の写真が横で見た時の良い姿勢になります。 1耳垂→耳の後ろにある骨のところ 2肩峰→鎖骨から肩の方に触っていくと出っ張った骨があるところ 3大転子→骨盤の中央部分にある出っ張った骨 4膝関節前部→膝の横側にある骨のところ 5外果の前方→足首の横側にある出っ張った骨 この5か所が一直線で線を引いた時に真っ直ぐになってるのが良い姿勢になります! 皆さんも鏡や写真を撮って確認してみてください! 次回は後ろ側で見た姿勢を見ていきましょう!   また、スタジオでは姿勢をトレーニングで改善することも可能です! 現在キャンペーン体験がありますので、気になりましたらお電話お待ちしてます! ↓ https://www.clover-inc.info/new-year-training/
2021.1.06アクアコンディショニング〜特性と効果〜
本日ブログ担当の大野です。 お風呂に入ることによる疲労回復やリラクゼーションは誰もが実感したことはあると思いますが、運動後の疲労を速やかに軽減したり、競技者により効果的なアクティブレスト(積極的休養)の一手段として、アクアコンディショニングが実施されます。 水中で行う軽運動にはどのような効果があるのか、ご紹介します! 水の特性と効果 浮力 人は身体には常に重力がかかっていて、運動を行わなくても筋肉は緊張し続けています。 浮力はそのようなストレス状態から一時的に解放させて身体の負荷を軽減させる働きがあります。また、身体が軽くなり荷重ストレスが低下することから、運動による身体への衝撃も軽減されます。 水圧 身体に圧力がかかると皮膚表面に近い静脈が圧迫され、血液の循環が促進される効果があります。 静脈血は疲労物質を多く含むため、その血液がより早く心臓に戻されることで疲労回復効果が期待できます。 抵抗 水は空気の800倍もの抵抗があると言われており、陸上で身体を動かすよりも動きがゆっくりになります。そのため、筋肉に過剰な負荷がかかりにくく、運動後の筋肉痛も少なく、怪我をしている人でも比較的安全にトレーニングをすることができます。 熱伝導 水の熱伝導は空気の23倍と言われています。水中の温度は身体に素早く影響を与えるので、運動に応じた水温の選択をすることが望ましいです。 例:水中歩行、リラクゼーション→34℃、筋力トレーニング→36℃ アクアコンディショニングによる効果は、運動をしている人やお仕事で疲れている方にもおすすめです! 次回は、アクアコンディショニングの方法についてご紹介します!
2020.12.28健康のための肥満予防〜食生活について〜
本日担当の鈴木です😊 今回は健康のために肥満を予防することについてお話しします! 肥満予防といってもいろいろあると思いますが、今回は食生活について紹介します! 【食生活を見直す5つの項目】 1.夜間に食べ過ぎないようにする  脂肪細胞では、体内時計の調節機能を持ち、脂肪を蓄積する働きがある「BMAL-1」という蛋白質が生成されるのですが、翌日の活動に備えてエネルギー貯蔵を行うため、夜はその生成量が増加します。そのため夜は太りやすい時間帯といえます。 2.1日3食、規則正しく食べる  夜型の生活をすることで、朝食の欠食が増え、昼、もしくは夜にまとめて多く食べるという人が増えています。しかし朝食を抜く、夜中に食事をするといった不規則な食事の習慣は、生体リズムを乱し、内臓脂肪蓄積の原因になります。 3.ゆっくりよく噛んで、食事に時間をかける  食べ始めてから脳の満腹中枢が働くまでは約20分かかるため、よく噛んでゆっくり食べることが過食の防止につながります。調理の際もかたい食材を選んだり、大きめに切ったりすることで咀嚼回数を増やすことができます。  またゆっくり食べることで消化管ホルモンの一種であるインクレチンの分泌がより高まるとされています。インクレチンには満腹感の持続する作用があります。 4.栄養の偏りなく、バランス良く食べる 近年、日本人のエネルギー摂取量は年々減少する傾向にありますが、特に男性において肥満が増加しているという現状があります。これには欧米型の食生活の影響から、動物性脂肪の摂取量が増えていることが理由です。また菓子類や清涼飲料水の過剰な摂取が肥満と関連性があるという報告もあります。  同じものばかり食べるなど、栄養に偏りのある食生活は太りやすい体を作ります。糖質、蛋白質、脂質をバランスよく摂取することに加え、ビタミン、ミネラル、食物繊維も積極的に摂ることが大切です。ビタミンやミネラルは体内の代謝を促し、食物繊維は糖質やコレステロールの吸収を穏やかにします。 5.アルコールは適量に  アルコール1gは約7kcal。ビール350mlで150kcal、日本酒1合で200kcal、ワイングラス1杯で100kcalと意外と高カロリーです。加えて、中性脂肪を増やす作用もあります。また脂質や蛋白質の多いつまみを摂りがちなため、内臓脂肪を増やす大きな原因となっています。 この5つの項目に気を使って健康に過ごすために、肥満を予防していきましょう😌
2020.12.27将来の健康を守る
こんにちは! 本日ブログ担当の青木です。 死亡率を下げるビタミン。。それは『ビタミンD』です。 ですがビタミンDの不足率は大変高く男性で70%、女性90%といわれています。 ●ビタミンD ビタミンは本来体内で生成することができないため食品から摂取する必要がある栄養素です。 ですがビタミンDは他のビタミンの中でも特別で食品で摂取する以外に日光に当たることによりかなりの量が生成されます。 ●役割 ・血中カルシウム濃度を一定に調節することで神経伝達や筋肉の収縮を正常に行う ・骨格と歯の発育促進 ●ビタミンDをとって良いこと ・骨粗鬆症の予防 ・がん細胞の抑制 ・気道感染症のリスクを下げる ・脳卒中、冠動脈疾患による死亡率の低下 ●ビタミンDの摂取方法 ・日光に当たる ・ビタミンDの多い食材を摂取する 例)キノコ類、魚など ※食事だけでビタミンDを摂取することは簡易ではないので日光に当たることも大切です! ビタミンにはたくさんの種類がありますがまずはビタミンDから意識してみませんか?
2020.12.24パワーを向上させる!
本日のブログ担当の半谷です! 今日のテーマは「パワー」です! パワーと聞くと、皆さんは何をイメージしますか? 筋力や力、スピードや重さなどをイメージされるかと思います。 しかしトレーニングにおける「パワー」はちゃんとした定義があります。 それは 筋力×スピード=パワー です。 これが意味することは、 筋肉がとてもありムキムキの人でも スピードが遅ければパワーは低くなります。 その逆も同じで とても素早く動けても、筋力がなければ パワーも低くなります。 もう少しわかりやすく説明すると スクワットのバーベルの重量が「筋力」 スクワットを1回行う速さが「スピード」になります。 この図を見るとわかるようにパワーは最大筋力 (スクワットだとスクワットで1回持ち上げられる最大の重量) の30%の重さの時に最大パワーが出せるようになります。 スポーツ中は最大筋力を発揮する場面は少なく 短時間での瞬発力と爆発力が求められます。 そのためパワーはスポーツにおいてとても重要になります。 パワーを高めるにはいくつか方法がありますが、 主に3つです。 ・最大筋力のアップ ・スピードのアップ ・パワーのアップ パワーのアップってそのまんまじゃないか! と思うかもしれませんが 順番に説明していきます。 1つ目の最大筋力のアップは 筋力トレーニングになります パワーにおける筋量は車に例えるとエンジンです。 まずはエンジンを大きくさせることから始めましょう。 高重量で6〜12回を3〜5セット行います。 セット間の休息時間は30秒から1分としましょう。   2つ目のスピードのアップは、 以前、ブログで紹介したプライオメトリクストレーニングです。 「腱のパワーを使う!」👈クリック ↑こちらで詳しく説明しているので読んでみてください! 種目はデプスジャンプやドロップジャンプがあります。   3つ目のパワーのアップは 上の2つを融合したトレーニングです。 先程の図にある30%の強度で素早く行うトレーニングです。 例えばスクワットを100kgを1回のみ行える人であれば 30kgで素早く行います。 5〜10回程度で、セット間の休息は長めに取りましょう。 トレーニングの初めに行い、 できるだけ疲労していない状態で 行うようにしましょう。   筋力だけではなくパワーの向上を意識して スポーツのパフォーマンス向上につなげていきましょう!
所在地 〒252-0001
神奈川県座間市相模が丘 5-5-15
コートプラザ小田急相模原 102
アクセス 小田急線「小田急相模原駅」
南口下車徒歩2分
042-866-7835
営業時間 日祝
9:00 - 21:00

※7:00〜9:00、平日21:00〜23:00は完全予約制にて対応可

まずはお気軽にお問い合わせください