スポーツトレーナーってどういうお仕事をしているのか?

気になっている方は沢山いるはずでしょう

本日は、スポーツトレーナーについてです!

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーとは

スポーツ選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう

怪我の予防やリハビリテーション、トレーニング指導を行う人のことです

種類
アスレティックトレーナー

選手のケアをしたり、リハビリテーションを行なったり

トレーニング指導を行ったりします。

ストレングストレーナー

身体能力とパフォーマンス能力向上の為にトレーニング指導をする

メディカルトレーナー

選手の怪我をした時に、競技の復帰を支援する

フィジカルトレーナー

運動能力向上など、フィジカル面のケアを主に行う

資格

スポーツトレーナーになるにあたって資格は必要ありません。

しかし、プロスポーツトレーナーを目指す方であれば有利になってきます。

その資格は、鍼灸師柔道整復師あま師理学療法士アスレティックトレーナの資格です

殆どが国家試験に受験し、合格しなければいけません。

なので、専門学校に通ったり、大学に通う必要があります!

実際の現場

実際、スポーツトレーナーの仕事は選手、チームのサポートです。

一人一人、選手の状況をしっかり確認して、大事な試合に出れるのかどうかを確認すること

怪我をしている選手の処置をすること。テーピングなとで補助してあげる事。

お水の準備、、やる事は沢山あります。

その中で、チーム全体で勝負していくのがスポーツトレーナーの魅力だと思います。

もちろん、裏方なので、試合にも出れません。しかし選手たちがプレーをしている姿を見て

とてもやりがいを感じます。また、試合に勝つと全ての疲れが吹っ飛びます。

そんぐらい魅力のある仕事だなと思います!

スポーツをやる人がいる中で、それを支えてる人もいてスポーツは成り立っていることを

知っていただけたら幸いです!