皆さん、『天気痛』は知っていますか?

梅雨に入り、天気痛に悩む方は多いのではないでしょうか。

本日は『天気痛』についてお話しします。

天気痛とは?

天気痛とは、気象の変化によって起こる、頭痛神経痛めまい肩こり首痛腰痛眠気耳の症状などの症状のことです。

さらに、気分の落ち込みや、うつ不安症なども天気痛に含まれます。

天気痛はなぜ起こるの?

では、天気痛がなぜ起こるのか。

天気痛は、耳の奥にある内耳の加圧センサーが、気圧の変化を感知する際に過剰反応し、それによって自律神経のバランスが乱れて様々な不調を引き起こすことが原因です。

ですから、耳周りの血行が悪くなっていると、内耳が浮腫み、過敏になり天気痛を起こしやすくなります。

予防方法

天気痛予防の1番のポイントは、自律神経を整えることです。

自律神経を整えるオススメ方法をご紹介します!

 

・朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びる。太陽の光は幸せホルモンです!
・食事をきちんと摂る
・適度な運動をする
・1日の中でリラックスをする時間を作る
・質の良い睡眠を取る

 

以上が、私がオススメする自律神経を整える方法です!

天気によって体調が左右されてしまうと、気持ち的にも重だるくなり、元気もやる気もなくなってしまいます。

天気痛に悩んでいる方はぜひ試してみてください!!