経絡・経穴を知っていますか?

聞いたことがない方がほとんどでしょう。

経絡・経穴とはいわゆるツボのことです!

なぜ、身体にはツボがあるのか?

そこに鍼やお灸をやれば良いのか?

そんなお悩みを解決していきます!

皮膚の力

人間の体の内外を分けているのは皮膚であります

皮膚は脆弱なものであるが

外部環境から内部環境を守る衣の役割を果たしてます!

同時に皮膚は湿疹や吹き出物、発赤、変色などによって

体内の様々な情報を映し出しています。

日常生活の中で、私達はそれぞれの体表に現れた情報から

体調や身体の異変を察知しています

また、その情報は皮膚から脳に伝わっていることが分かります。

皮膚はこの様な生きていく上でとても重要な役割を果たしているのです!

経絡の誕生

前述した皮膚特性に注目して、

更に皮体内と皮膚の関係に一定の法則があることを見い出しました。

それが、経絡・経穴学説です。

経絡は、身体の内(五臓六腑)と外部環境を結ぶルートであり

身体を維持する気血や病の原因である邪気が移動する通路です

経穴の誕生

お灸を受けた人が身体の縦方向に感じる感覚により経脈が認識され

その後に鍼治療が行われる様になったが、その結果

経脈上に治療効果に直結した特異的な部位が

認識される様になったと考えられています。

そこは、体内の様々な問題が表出する部位、すなわち、

反応が出やすい部位であり、一方で治療効果の高い部位であります。

臓腑と経絡

気血は経絡を通って全身を循環し、身体を栄養します

臓腑の気も各臓腑の活動を支えると同時に経絡によって

全身を循環するので、臓腑の状態の良・不良は経穴に現れます

経絡とは臓腑と体表を結ぶ道筋なのです!

そこで経絡を利用し臓腑の変調を診断し調整することが可能となります!

それがいわゆる、ツボを使った治療です!

まとめ

ツボは、簡単そうにみえてとても奥が深い事がわかります

鍼治療にはネガティブなイメージが多いのですが

このように考えるとポジティブになるのではないでしょうか、、

是非、鍼治療などをして健康な身体を作っていって下さい!